歯の黄ばみを重奏で落とす方法と注意点

歯の黄ばみに重曹が効くって本当?




歯医者さんでホワイトニングについての取材をしていた際、重曹を使って歯を白くする方法を耳にしました。

重曹でホワイトニングできるのであれば、お財布にとっても優しいですよね。

でも本当に重曹は黄ばみを落とすことができるのでしょうか?
重曹がどう歯の黄ばみに対して効果があるのか、ご説明していきたいと思います。

その前に歯の黄ばみの原因をチェック


歯の黄ばみによって、重曹を使ったホワイトニングができる人・できない人がいます。

あなたの歯の黄ばみは何が原因だと思いますか?
まずはそこからチェックしてみましょう。


    《歯に色素が付着しやすい方》


  • 紅茶、コーヒー、赤ワインなど色が濃い飲み物をよく飲む方
    ポリフェノール、タンニン、カテキンが含まれる飲み物は、ステイン(黄ばみ)が付く原因になります。
  • カレー、醤油、ケチャップなどをよく食べる方
    色が濃い食べ物も歯に色が付きやすいです。
  • コンビニ弁当等、着色料を使った食べ物
    着色料の目的は、色をつけること。
    そのため、歯にも色が付いてしまいます。
  • タバコをよく吸う方
    タバコのヤニは壁紙を黄色くさせてしまいますよね。
    それと一緒で、歯も黄ばませてしまいます。


    《歯の状態が悪いため色がつきやすくなっている方》


  • 虫歯を治療せずそのままにしている方
    虫歯菌(ミュータス菌)から出る酸によって徐々に歯が茶色くなってしまいます。
  • 加齢によるもの
    長い年月をかけてエナメル質がすり減り、歯が黄ばみやすくなってしまいます。


    《色素以外の原因で歯が黄ばんで見える方》


  • 元から歯が黄色く見える方
    歯の色には個人差がある為。
    特に、日本人の象牙質は欧米人よりも黄色いと言われています。
    象牙質とは、エナメル質の下の層のこと。
  • 歯の治療や薬のせいで黄ばんでしまった方
    テトラサイクリン歯・神経を抜いた歯など。

テトラサイクリン歯とは、テトラサイクリン系と呼ばれている抗生物質の副作用として変色してしまった歯のことです。

歯の黄ばみといっても原因は、こんなにあるんですね。

重曹を使ったホワイトニングは原因によって効果に差がある


重曹を使ったホワイトニングで効果があるのは「歯に色素が付着している方」です。

つまり、ステインが原因で歯が黄ばんでいる方のみということ。

例えば、虫歯がある状態で重曹歯磨きをしても、虫歯に一切アプローチしていないのでホワイトニング効果は期待できません。

重曹歯磨きは、歯表面を研磨することで、白い歯を目指します。
研磨によって、強引に黄ばみごと削り落とすんですね。

重曹歯磨きのやり方

重曹歯磨きのやり方はとっても簡単。
歯磨き粉の代わりに重曹を使うだけです。

    重曹歯磨きのやり方


  • 重曹に少しずつ水を加えてペースト状にする
  • 歯ブラシに載せて歯磨き



たったこれだけです。
オリジナルの歯磨き粉を自分で作るという感覚でしょうか。

重曹をペースト状にするのに水を使いましたが、ハッカ油を使ったりココナッツオイルだったりレシピはいろいろあります。

参考動画

https://ameblo.jp/aromawink/様の動画です。

すごいですね。
重曹に水をを混ぜて作るのではなく、ペパーミントやレモン精油を入れたり、本当に歯磨き粉作ってるみたいです。


重曹歯磨き粉の作り方・やり方はわかって頂けたかと思いますが、次はデメリットをお伝えします。

重曹を使ったホワイトニングは注意が必要!

重曹を使ったホワイトニングはちゃんとした方法でないと却って(かえって)歯を傷めてしまい、黄ばみの原因となってしまう可能性があります。

例えば、毎日重曹で歯磨きをしていると、逆に歯を傷めてしまうのです。

それ以外にも重曹を使った時の注意点はたくさん。
一つづつ確認してみましょう。

重曹歯磨きは逆に歯の黄ばみの原因になることも


歯の表面のエナメル質が傷つくと、そこに色素が沈着して黄ばみの原因になります。

つまり重曹の研磨作用で、エナメル層にたくさん傷を付けることで、より黄ばみが目立つというわけです。

傷が増えればそれだけ歯の黄ばみの原因となってしまうのです。

それだけでなくエナメル質が傷つき磨耗していくと、その下にあるクリーム色の象牙質が見えるようになります。



その為、本当は黄ばんでいないのに、うっすらと歯が黄ばんで見えてしまいます。


さらに、エナメル質を削りすぎたことで、知覚過敏になってしまう可能性もあります。

    《重曹磨きの危険性》


  • エナメル層にミクロの傷ができて、そこにステインが入り込むことで、より黄ばみが目立つ
  • エナメル層が薄くなり、象牙質の色が目立つ
  • エナメル層が薄くなったことで、知覚過敏になる可能性がある



市販の歯磨き粉には、重曹を配合しているものもあります。

ですが、それは商品として販売できるように何度もテストを重ねたものです。
知識も持たずに、重曹を使った歯磨きをすると、思わぬトラブルになってしまう可能性があります。

市販の歯磨き粉に配合されている研磨成分もあまり歯に良くないと言われていますから、最近では研磨剤フリーの歯磨き粉が出てきているようです。


中には重曹を使ったお手入れをNGとする歯科医師もいる


インターネット上では歯磨き粉に重曹を少量加えて磨くだけでホワイトニングできるという情報がありますよね?
ですが、重曹を使った自己流の歯磨きはおすすめしていない歯科医師も少なくありません。

重曹歯磨きについて歯科医師に取材したところ、重曹を歯磨き粉に混ぜてホワイトニングする場合、せめて1〜2ヶ月に1回くらいにしたほうが良いとのことでした。

歯の厚みや状態(虫歯などでないか)は人によって違いますから、自己判断で重曹を使ったお手入れをするのはリスクが高そうですね。

  • 重曹歯磨きは1〜2ヶ月に1回にすること


重曹は塩分を含んでいる


高血圧の方など、塩分の摂取量に配慮が必要な方は、重曹を使った口内のお手入れ自体あまりおすすめできないそうです。

例えば、重曹は塩分が多いので誤って誤飲してしまうと、体の負担になる可能性があります。
このように重曹を使った歯磨きは色々と注意が必要です。

自宅でホワイトニングを考えているのであれば、安心して使えるホワイトニング用品がおすすめですよ。

研磨剤フリーのホワイトニング歯磨き粉といえばディノベート

例えば歯の表面を削ることのないホワイトニング歯磨き粉には、ディノベートという商品があります。

ディノベートは歯科医師監修の元に開発されたホワイトニング用品なので、成分に気を配りたい方にはおすすめのホワイトニング歯磨き粉です。

ディノベートの特徴


重曹のように歯の表面を研磨することは少なからずデメリットがあります。
その為、ディノベートは汚れ・黄ばみを浮かせて落とすことで、ホワイトニングします。

    《ディノベートの特徴》


  • 研磨剤フリーで歯の表面を削ることもなく、痛みを感じることがない
  • 歯周病、虫歯、口臭予防が期待できる
  • 歯科医師監修なのに、歯科で施術するより安価にホワイトニングが試せる


初めてホームホワイトニングを試してみたいという方におすすめの商品です。

ディノベートはこんな方におすすめ!


ディノベートはこんな方に特におすすめです。
もし1つでも当てはまった方は、ディノベートについてチェックしてみてくださいね。

    《ディノベートはこんな方におすすめ》


  • 歯を傷めないよう、成分にはこだわりたい
  • オフィスホワイトニングに行く時間が中々取れない
  • できるだけコストを抑えてホワイトニングをしたい
  • オフィスホワイトニングをした後も歯の白さをキープしたい
  • 家族で兼用できるホワイトニング歯磨き粉を探している


歯は私たちが一生を共にするパートナーです。
歯に優しいホワイトニング方法を選び、大切にしましょう!



@コスメで口コミランキング1位獲得!詳細はコチラ


ディノベートの口コミはどう?黄ばみに対する効果は?

 

サイトマップ